地上に輝く大きな五稜星(ほし)、五稜郭。
その五稜星がこの冬、輝きます。

五稜星の夢

雪の中に浮かび上がる「五稜星」は地上から見えない。

「空からはきっと見えるはず。いつかは見てみたい。」

だから『夢』


”五稜星の夢”(ほしのゆめ)イルミネーション


 
あなたは1998年1月15日から当ページを訪れた16,658番目のお客さまです。

昨日は8 人、 今日は3 人のお客さまの訪問がありました。  

 


 

”五稜星の夢”とは

 

1989年より始りました”五稜星の夢”イルミネーションは、特別史跡五稜郭の堀を電球で飾り五稜星形を浮かび上がらせるものです。
電球の灯かりで浮かび上がった五稜星型は、冬の五稜郭の美しさを全国にアピールしています。

*‘15〜‘16“五稜星 ほし の夢”イルミネーションスケージュール* 

*点灯期間 点灯 201511 28日(土) 消灯 2016 229日(月) 

*点灯時間 PM17:00〜20:00 

*募金をいただいた皆様全員を、201511月 28日(土)の点灯日17:0019:00と、2016 221日(土)〜29日(月)の消灯日17:0019:00まで、五稜郭タワー展望台搭乗無料ご招待いたします。(募金いただいた皆様へは’16年1月下旬頃、 五稜郭タワー展望台搭乗券を兼ねるお礼の”五稜星の夢”お礼状絵葉書を実行委員会よりお届けします。絵葉書1枚で大人1名様と未就学児童1名様までご搭乗いただけます) 

*協賛事業 五稜郭タワー様がイルミネーション点灯期間中営業時間を19:00まで延長して 特別料金にてタワー展望台搭乗できます。

       



2006hoshi

 

”五稜星の夢”をかなえるために。

 

”五稜星の夢”の企画運営は市民の有志によるボランティアで行われております。また、その費用(電気代等)はすべて募金で賄われております。
一口500円の募金にご理解いただき、夢の実現にご協力をお願いします。


また、当会はすべてボランティアのため募金のお願いや集金に伺うことはできません。つきましては、下記口座へ送金の上、募金者名簿を事務局へ送付してください。その名簿により、五稜郭タワー展望台無料搭乗券を兼ねたお礼の”五稜星の夢”の絵葉書を送らさせていただきます。

 

 

ゆうちょ銀行           02640−9−177
北洋銀行      五稜郭公園支店 普通 0274010
北海道銀行   函館支店    普通 1056579
北陸銀行      五稜郭支店     普通 4388820
函館信用金庫  五稜郭支店     普通 1007944
 
 
 

 
 
 

”五稜星の夢”へのお問い合わせは

まちをつくる”五稜星の夢”実行委員会
実行委員長  宮下 俊雄
事務局  函館市五稜郭町439号(五稜郭タワー内)
TEL 0138−51−4785
FAX 0138−32−6390

”五稜星の夢”実行委員会からのお知らせ

タワー展望台から見る「五稜星の夢イルミネーション」は時期や時間帯によって見え方が少し変わります。11月下旬(点灯日〜)〜1月初旬(雪が無い場合)は少し暗い中にライトがはっきり見えます。(なお、5時の点灯の瞬間は、使っている電球の関係で、光量が弱いですが、3〜5分ではっきり見えて来ます)

また、1月中旬〜2月下旬(雪が積もっている場合)は薄明るい時間帯は、空の青さが雪に反映し、薄いブルーに見えます。どちらも、真っ暗くなると少し暗い中に、ライトがはっきり見えます。

なお、画像にある花火は「点灯日初日のみ」であり、毎日は行われてはおりません。


○予てから崩れていた五稜郭の堀の修復作業が年明け1月22日より始まりました。このため、タワーから見て右奥上半分が函館市・文化財課から「電線撤去」の指示を受け3月20日頃まで工事が掛かるとういう事から、今年の五稜星の夢最終日(2月29日)までには間に合わないため、この区間はライトが消えております。一部が欠けた状態での、イルミネーションとなりますがあしからずご了承をお願い致します。 


以上をご理解の上、「五稜星の夢イルミネーション」をお楽しみ下さい。

 

▲雪が積もった状態の時の「展望台から見た五稜星の夢」(20142月撮影)


▲雪が積もっていない時の「展望台から見た五稜星の夢」(201112月撮影)


このホームページについて
 

このホームページは、「五稜星の夢」実行委員会の承諾を得て、公開しております。
「五稜星の夢」が市民のボランティアで企画運営されていることから一市民として何かお手伝いをしたいと、ホームページを発信しております。17年前にこの素晴らしい企画を全国に紹介したいと始めましたが、WEB制作の技量もなくページの更新も出来ずにおりました。今は、「五稜星の夢」を紹介するサイトもたくさんありますのでそちらもご覧いただければと思います。


このホームページについてのお問い合わせは

hiro-n@phoenix-c.or.jp へお願いします